保育園生活

無資格・未経験の主婦が一念発起して保育業界に飛び込んでみた話。保育や園児に関する考察と、子どもたちへの愛を綴ります。

読み聞かせ

わたしは読み聞かせが下手である。

 

何度となくやっているけれど、どうも子どもの視線を惹きつけることができない。

 

たぶん、どこかで恥ずかしさをまだ捨てきれてないんだろうなぁ…。

 

担任を持っている先生の読み聞かせを見ていると、読み出した途端に子どもがパッとそっちを向くので、途端に自分の力不足を痛感して、少し切ない。

 

もっと心をオープンにして、大きな声で、抑揚をつけてお話ししよう!

と、心では思っているんだけれど、これが、どうにも難しいのである。

 

そりゃ、保育士試験の実技でも落ちるわけだ…。

 

今回は受かりたいけど、今のままでは全く受かる気がしない。

 

有難くも現場で練習できるのだから、わたしは恵まれていると言った方がいいかもしれない。

 

しかし!

 

わたしは最近気づいた。

 

歌に合わせた振り付けダンスだと、園児たちは、なぜだか分からないがわたしの方をじーーっと見てくれることに。

 

最初は驚いたけど、見てくれるので嬉しくなって、恥ずかしさもどこかへ行き、

歌のお姉さんばりに楽しくのびのび踊るようになった。

 

この差が何か分からないんだなー。

 

ま、単純に読み聞かせが下手というわけなんだけど。

 

実技試験にダンスもあればいいのに。