保育園生活

無資格・未経験の主婦が一念発起して保育業界に飛び込んでみた話。保育や園児に関する考察と、子どもたちへの愛を綴ります。

保育と療育

わたしは今、保育と療育の、両方の職場で働いている。 最初は療育の現場で、右も左も良く分からずに無我夢中でやっていたけど、最近、ようやく両者の違いがなんとなく理解できるようになった。 それまでは正直、療育といっても、ただ、カリキュラムに沿って…

つまらない。

特にクラスに付いていない非常勤の私は、最近は5歳児クラスに良く入らせてもらっている。 しかし、この年長クラス。 やることがいつもワンパターンで、非常につまらない。 晴れている日は必ずお散歩。 今月から、やっと水遊びもし始めたが、それまでは、晴れ…

資格のない保育者

職場に、無資格だが、保育に興味があって・・・、という若い女性職員が入ってきた。 とても感じが良かったということで雇われたが、この女性が、本当に良くできるということで評判になっている。 保育を基本的に理解し、仕事を覚えるのも早く、子どもたちに…

ちゃんと知りたい!子どもの発達障害

少し前のことだが、5月26日に放送された、「ちゃんと知りたい!子どもの発達障害 すくすく子育て×ウワサの保護者会 コラボスペシャル」を観た。 内容は盛りだくさんだったが、本当に分かりやすく、発達障害とはどういうものか、その分類、特性、困り事、就学…

ムカつく職員。

職場に本当にムカつく職員がいる。 すぐに子どもの文句を言う。 「この子はこれができない。あれができない。遊べない。寝ない。食べない。」 それがどうした? 「休憩が回らない。やること多すぎ。あそこの母親はちゃんとしてない。あの子は本当に迷惑」 な…

受給者証

保育園に通っている子が、発達に偏りがあり、支援が必要とされる時、そういった専門の施設に行く時にまず必要なのが、受給者証である。 言い換えれば、受給者証がなければ、発達支援施設に通うことができない。 しかし、この受給者証を取得するのにためらう…

その子にあった言い方

自閉症の子。 仮にA君とする。 A君「今日、公園に蜂いる?やだー」 わたし「蜂、いないよ〜」 A君「いやだ、蜂、いるー!」 わたし「いないよ~蜂」 A君「いるー!蜂、いるー!やだやだー!」 (暴れ出す) わたし「ちょっと、蜂、いないってば~」 他の先生…

気難しい子

気難しい子がいる。 そこまで繊細で、気難しい子どもがいたのかと思うほど。 遊びも活動も、全部自分が主体にならないと、すぐに癇癪を起こし、ひっくり返る。 じっとしていられない。常に逃げ出し走り回る。 気に入らない先生には、噛みつき、頭突き、叩き…

シロツメクサ

保育が上手くいかない。 自分の思い描くような保育ができない。 ここ最近、そんなことでずっと悩んでいた。 でも、昨日、そんなことを覆してくれるような出来事があった。 年少の女の子が、わたしに、シロツメクサで可愛い指輪を作ってくれたのだ。 まだおぼ…

しつけ

昨日の一時預かりの新規登録面談でのこと。 1歳児のその子は、お母さんとおばあちゃんに連れられてきた。 驚いたのは、そのおばあちゃん。 孫が園の物を触ったり、走り回ったりするごとにイチイチ騒ぎ立て、驚くことに、頻繁にその子の頭をペンペン叩く。 口…

笑顔にするお仕事

ちょうど数ヶ月前。 年少さんで、新入園児として入ってきた子。 とにかく、お母さんから離れられなくて、ずっとパニックを起こして泣き通し、職員みんなが手をかけて、長い間かかって、ようやく最近、慣れてくれた子がいる。 笑うと本当に可愛くて、おしゃべ…

「気になる子と言わない保育」

「『気になる子』と言わない保育」を読んだ。 目から鱗。 子どもの困った言動への対応が、保育者目線ではなく、子どもからの視点ですべて解決できるように書かれている。 一般的な保育書では、環境を整えたり、子どもを諭したりして、どうその子を「動かすか…

子どもに言うことを聞いてもらうには

子どもに、言うことを聞いてもらうのは本当に大変だ。 子どもにだって意思があるから、大人の都合ばかり押し付ける訳にはいかない。 でも、保育園では、時間に沿って一日の予定をこなしていかないと、だんだんと困ったことになる。 保護者のお迎えの時間に、…

家庭と仕事

仕事から帰って来て、更に疲れていたりして体調が悪いと、我が子に優しくできない。 優しくしたいのに、できない。 仕事なら子どもたちが何をしていても許せるのに、家に帰って来ると、我が子が癪に触るようなことばかりしてくるように思えてきて、ついには…

センスのない保育士

春、年度末。 来年度に向けて、職員の入れ替わりが次々とある。 その中で、自力で国家試験を受けて保育士資格を取得し、正社員希望で入ってきた職員がいた。 その社員、やる気はものすごくあり、明るくて朗らかな社員だったのだが、採用されて、試用期間の1…

対応に困る

職場で、いつも対応に困っている子がいる。 すぐに叩いてくる子。しかも、真顔で。 目にも表情はなく、笑ってもなく、怒っているわけでもない。 何かがあって叩いてくるというわけではなく、そこにただ気に入らない人がいるから叩く、というような感じ。 何…

人気の保育士

勤務先の保育園に、男性保育士が新たに就任してきた。 新人らしく、何か指示が出るまでまったく動かない。 明らかに先輩保育士が困っている様子でも、指示を明確にしないと動かない。 言ってしまえば、そう。 ぼーっと突っ立っているだけ。 でも、この保育士…

夜間もやってる保育園

映画、「夜間もやってる保育園」を観に行った。 夜間保育園は、多様な家庭環境に合わせて、夜間も子どもを預かる保育園のことで、映画では主に、新宿の大久保にある「エイビイシイ保育園」が舞台となっている。 こちらの園長が本当に型破りな方で、ご自分の…

ABAセミナー

先日、ABAセミナーというものに足を運ぶ機会があった。 ABAとは、”Applied Behavior Analysis”の略で、簡単に言ってしまえば、子どもが起こす問題の原因を子どもに求めるのではなく、子どもを取り巻く環境に求めることで解決を図るものであるらしい。 自閉症…

土曜保育

職場でのこと。 先日、用事があるからとのことで、土曜保育を利用したいという保護者から電話がかかってきた。 しかし、園の方針では、土曜保育は原則、両親とも仕事がある家庭に限られるという。 これを聞いて、わたしは軽いカルチャーショックを受けた。 …

汐見稔幸先生セミナー

先日、またまた縁あって、「すくすく子育て」でおなじみの汐見稔幸先生のセミナーへ出向くことができた。 生の汐見先生、そして、保育士としての初めての保育セミナーということで、朝から緊張とワクワクでいっぱいな私。 会場に着くと、溢れんばかりの人で…

蚊に刺されても気にする保育

保育に携わるようになって一番びっくりしたことは、保育者が、子どもを安全無事に保護者に引き渡すことをとても重要に考えていること。 そんなの当たり前でしょ、と言われればそうなのだが、ちょっと蚊に刺されただけでも申し訳なく思っている保育者を見て、…

「あなたも保育者になれる」

あなたも保育者になれる: 子どもの心に耳をすますための22のヒント (教育単行本)作者: 青山誠出版社/メーカー: 小学館発売日: 2017/04/03メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 以前からずっと、保育に携わるうえでのバイブル的なものを探していたが、…

保育と子守り

年度が切り替わって、一時保育のお部屋にも新しい子どもがたくさん増えた。 最初から何事もなかったかのように皆に交わって遊び出す子もいれば、部屋に入ってお母さんの腕から離れた途端に号泣で、一日中泣きながら過ごす子もいる。 一時保育は、毎日通う子…

子どもにとっての遊びとは?

子どもにとって欠かせないもの。それは遊び。放っておいてもすぐに子どもは何かを見つけて遊び出す。保育者がわざわざ何かを提供しなくても、子どもは自分に合った遊びを次から次へと生み出していく。子どもにとって遊びとは、生活することそのものだ。遊ば…

発達障害について思うこと

保育園で勤務していると、多様な発達障害児と言われている子に出くわす。 今ではもうそれに慣れてきてしまって、 「あの子のああいうところ、もしかしたらグレーかも」 とか、わたしの中途半端な知識でも、子どもを分類し出していることに気づいて、 「いや…

新入園児

どこの保育園も同じだと思うが、我が保育園も、新入園児が朝からギャンギャン泣いている。 その中でも、ひときわ泣いて泣いて・・・泣きすぎて死んじゃうんじゃないかと思う小さな0歳児が昨日いた。 抱っこにおんぶに、揺らしたりあやしたり、抱っこ紐を駆使…

女だらけの職場

年度末。保育業界にとっても忙しい今の時期。クラス替えや配置換え、新年度に向けた準備など、毎日色んなことが目白押し。そんな時にトラブルは起こる。みんなやっぱり不安で苛立っていたりするのもあるかもしれない。単に時間がなくてイライラしてるのもあ…

余裕がない話

あるお母さんが、登園前に子どもを叩いたという話をしているのを聞いてしまった。 ぐずぐずして、ちっとも朝の支度をしなくて、イライラしてバンっとやってしまったと。 その気持ちは、すごく良く分かる。分かりすぎるけれども、それを普通は人に話さないよ…

自分の強み

わたしは、自分の強みが、初めて会った子でも、特に何をしなくてもあまり泣かれずに懐いてくれることだと思っている。周りを見ていると、なんとなく、その部分は自分で認めてもいいのかなという気がする。可愛い小さな子が近寄って来てくれるのは嬉しい。膝…