保育園生活

無資格・未経験の主婦が一念発起して保育業界に飛び込んでみた話。保育や園児に関する考察と、子どもたちへの愛を綴ります。

汐見稔幸先生セミナー

先日、またまた縁あって、「すくすく子育て」でおなじみの汐見稔幸先生のセミナーへ出向くことができた。

 

生の汐見先生、そして、保育士としての初めての保育セミナーということで、朝から緊張とワクワクでいっぱいな私。

 

会場に着くと、溢れんばかりの人で驚いた。

 

講義が始まってみると、汐見先生のお話の上手さに惚れ惚れ。

 

あれほどお年を召しているように見えて(失礼!)、とてもエネルギッシュで、冗談を交えながら長時間お話するその姿からは、元気のパワーが溢れているように見えました。

 

さて、今回のテーマは、

(保育の)新指針、新要領を読み説く

〜21世紀にふさわしい保育の丹念な模索〜

というもの。

 

新指針の大きな柱は、「保育」を「教育」の場として位置づける、ということだろう。

 

今まで「保育園」は、保護者がいない間に預かる場所で、「幼稚園」は、教育の場、としてなんとなく区分けされていた違いが、今回からはっきりとその線引きを失くす方向で改定されている。

 

そしてその「教育」が、認知能力と非認知能力、どちらもが大事とされる点を見逃してはならないと思う。

 

つまり、保育園でも、幼稚園でも、子どもが主体となる遊びを続けながら、そこから能動的に学ぶことを大事にしていこう、というのが狙いのようである。

 

いわゆる「非認知能力」は、乳幼児の頃から培うことができ、それが早ければ早いほど、その子の一生を左右するものとなる。

 

保育園や幼稚園は、その能力を開花させる絶好の場だ。

 

これからの保育の視点が、常に、乳幼児の発達を促すようなものになるかどうか、を問うていかなければならない。

 

ただ遊ばせるだけではなく、この子がその遊びからどういう能力や経験を身につけたかを観察し、受け止め、見守っていくこと。

 

それらが必要とされる。

 

未就学児の大事な時期に、子どもたちを導いていくべき存在になり、保育の専門性は、自ずと高まるだろう。

 

地球の未来は、保育者にかかっていると言っても過言ではない(かもしれない)。

 

f:id:hmizi:20170810002151j:image

 

 

 

 

 

 

 

蚊に刺されても気にする保育

保育に携わるようになって一番びっくりしたことは、保育者が、子どもを安全無事に保護者に引き渡すことをとても重要に考えていること。

 

そんなの当たり前でしょ、と言われればそうなのだが、ちょっと蚊に刺されただけでも申し訳なく思っている保育者を見て、わたしはなんだかモンスターペアレンツの存在を裏に感じて恐くなった。

 

わたしのそれまでの考えでは、

「子どもなのだから、あちこち遊び回っているうちに怪我はするし、喧嘩して傷は作るし、蚊に刺されるのなんて当たり前」

くらいに思っていたのだから、それはなんだかカルチャーショックだった。

 

特に小さい子は、段差に昇っただけでも注意され、危ないと怒られて、体をひょいと持ち上げられて降ろされる。

 

滑り台なんかでも、下から登ると禁止だし、順番だって守らなくちゃいけない。

 

玩具は交代で遊ばなくてはいけないし、部屋では危ないので走り回っちゃダメ。

 

なんかなぁ・・・

 

安全無事は当たり前。

 

当たり前なのだけれど、なんだか苦しいのはわたしだけ??

 

わたしだったら、段差で転ぼうが、友達と喧嘩して傷を作ろうが、思いっきり自分のやりたいように遊びたい。

 

でも、それが今勤めている保育では叶わないような気がしている。

 

自分の子だったら、少なくともわたしはなんとも言わない。

(前に数十箇所ふくらはぎを刺されていた時は、驚いてさすがに保育園に聞いたことはあるが…)

 

園児たちをもっと自由に、のびのびとやらせたいなぁ〜、と思うのは、なんだか甘い考えのようである。

 

それもこれも、厳しい親が増えてきたからなのかなぁ〜。。

 

f:id:hmizi:20170716125534j:image

 

 

 

 

 

「あなたも保育者になれる」




以前からずっと、保育に携わるうえでのバイブル的なものを探していたが、このたびやっと見つけた。


「りんごの木」保育園の保育者、あおくん先生が執筆した、

「あなたも保育者になれる」

だ。


今までどんな本も、ある部分は納得がいくけれど、ある部分では賛同できない、あるいはそう上手く実践できない、といったような本が殆どだったが、この本は、端から端まで保育のポイントが簡潔に分かりやすくまとめられているので、いつ見返しても内容がすとんと心の中に入ってくる。


あおくん先生の独特な言葉遣いもまた素晴らしい。


子どもたちの言葉にならない感情や、ふとした様子を、あおくん先生の言葉でうまく表現されているので、保育がとても身近に感じられる。


改めて、保育とは、大人側が指導するものではなく、子どもの世界にふわっと足を踏み入れて、子どもが成長するためのお手伝いをする仕事なんだな、と思い至る。


子どもにとってとても大切なことは、自分を表現すること。感情を吐ききること。

それが心身ともに健全な成長につながっていく。


「りんごの木」では、それが存分に叶う場所だから、ここの子どもたちはみんなすくすく育つだろうと思った。


こういう園がどんどん増えていくといいな。


そして、わたしもできる限りこのような保育を心がけていきたいと強く思った。


あおくん先生が言うように、わたしも、粘り強く、ぬけぬけと、社会の土壌を耕すミミズのような存在にならなくては・・・。


今はまだ果てしなすぎて、目指す天辺も見えないほどだけれど。







保育と子守り

年度が切り替わって、一時保育のお部屋にも新しい子どもがたくさん増えた。


最初から何事もなかったかのように皆に交わって遊び出す子もいれば、部屋に入ってお母さんの腕から離れた途端に号泣で、一日中泣きながら過ごす子もいる。


一時保育は、毎日通う子どもばかりではないので、毎日毎日違う風景が広がる。


そんな中でも、一日中泣き叫ぶ子を見るのはやっぱり辛い。


なんとかしてなだめようとして躍起になるけれども、そんなことはまったく耳に入りません、というような感じで、ただ、自分の置かれた状況に対して全身で表す拒絶反応。


ある意味もっともなことだ。


そういう時はさすがに「可愛い」と思う気持ちは吹っ飛び、自分の立場も忘れて、思わずお迎えの時間ばかり気になってしまう。


何人もがギャンギャン泣く部屋に長時間いることの辛さは、出口のない部屋に閉じ込められたかのよう。


そう、もう思考停止の無になるしかない。


そんな日々が続いていた時に、園長がぽつりと呟いた。


「これじゃあ保育じゃないよね。ただの子守りだわ」


保育経験の浅いわたしには、その言葉の意味が最初ピンとこなかった。


その2つの言葉の差は何だろう・・・?


それから何日か考えて、自分なりの答えのようなものが出た。


子守りは、ただお母さんのいない間に子どもを預かるっていうだけのことだけど、保育というものは、子どもと共に過ごし、その心身の成長を見守りサポートすることなんだな、と。


同じようで確かにまったく意味が違う。


わたしは保育者になれるだろうか。


まだまだ先は見えそうもない。













子どもにとっての遊びとは?

子どもにとって欠かせないもの。


それは遊び。


放っておいてもすぐに子どもは何かを見つけて遊び出す。


保育者がわざわざ何かを提供しなくても、子どもは自分に合った遊びを次から次へと生み出していく。


子どもにとって遊びとは、生活することそのものだ。


遊ばない子どもなんていない。


大人も遊ぶけれど、子どもほど夢中になって遊び続けることはそうそうない。


それを見て思った。


子どもは、生きていくために、成長していくために、自分に必要な遊びを取り込んでいっているんじゃないかと。


自分の子どもを見ていても、既製のおもちゃよりも、どちらかと言うと、ただのプラスチックとか、ただのペットボトルとか、そこら辺に落ちている紙とか石とか、

「それおもちゃじゃないんですけど?」

というようなもので何分も集中して遊んでいたりする。


それはつまり、想像力が湧くからじゃないかと。


その想像する力(もしくは創造する力)は、脳の発達にきわめて必要なものだ。


子どもは遊びながら、きっと自分で自分を成長させていっているんではないかな。


既製のおもちゃがすぐ飽きてしまうのもそういうことだ。


ワンパターンで、なかなか想像力や創造力が育まれないから。


なんとない紙と鉛筆、粘土、積み木なんかは、そういう意味では本当に優れたおもちゃなのかも。


そう思うと、意味がないように見えても、子どもの遊びはできるだけ存分にさせてあげなくては、という気になる。


たとえ部屋中散らかろうとも、大人は子どもの邪魔をしてはいけないのである。


彼らは天才の種を撒き散らしているのかもしれないのだから・・・

(ちょっと大袈裟?)


何にせよ、先日、発達支援教室に見学に行った際にも、何をしているのかと思いきや、やっぱりここでも子どもを遊ばせることがメインだったので驚いた。


もっと特殊な教育でもしてるのかな、と思っていたから。


でもよくよく聞いてみると、

「療育とは遊び。本人が楽しくて仕方がないことをやること」

というようなことをおっしゃっていたので、まさに!と思った。


子どもにとって遊びとは、生きることそのものだ。


舐めちゃいけない。


池上彰さんだって、小さい頃は、とにかく外で遊び倒していたそうなのだから・・・


今の流れである早期教育というより以前に、子どもにはもっともっと、五感をフル回転できるような遊びをたくさん経験させてあげたいなと思う。


f:id:hmizi:20170716123311j:plain




発達障害について思うこと

保育園で勤務していると、さまざまな発達障害児と言われている子に出くわす。


今ではもうそれに慣れてきてしまって、

「あの子のああいうところ、もしかしたらグレーかも」

とか、わたしの中途半端な知識でも、子どもを分類し出していることに気づいて、

「いやいや、ちょっと待て〜!」

と、自分にブレーキをかけた。

 

発達障害児というだけで、勝手にフィルターをかけ、その子とそれ以外の子を区別することに慣れてきてしまっている自分が恐ろしかった。

 

個性を大事に、その子に合った接し方を自然と見いだしていたはずなのに。

 

障害児と認識してしまうことで、余計な知識なんかが脳を支配して、

「こんな時はどう接すればいいのだろう?」

と頭で考えてからじゃないと行動できなくなってきている。

 

これって危険なことなんじゃないだろうか?

 

つまり、障害児というだけで、その子にフィルターがかかり、大事な何かを見失ってしまうのが恐いと思ったのだ。

 

大事な何か、とは、敢えて言葉にするならば、その子の持つ長所とか、可愛さ、その子の放つ輝きなどと言い換えられるかもしれない。

 

保育園という空間に馴染むのはいいけれど、わたしは実は、保育業界にどっぷりと浸かりたくない。

 

思いっきり保育業界に染まっていない素人だからこそ、感じたり見えてくるような部分を大事にしたいと思っている。

 

つまり、

「結局のところ、それがどうなの?」

ということが言いたいのかもしれない。

 

発達障害発達障害と盛んに言われている昨今だが、障害といったからといって、すぐに線引きしたりすることをせずに、一緒に関わっていく生活をしたいのかもしれない。

 

インクルーシブとでも言うのだろうか。

 

そのために職員を多く配置しなくてはいけないことも分かっている。

 

でも、少子高齢化のこの時代なのだから、本来は、子どもに対してもっと手厚くできるはずなんじゃないかな。

 

子どもだけじゃなく、大人の障がいを抱えている人たちに対しても、もっともっと多様性を受け入れる、寛容性のある社会になって欲しい。

 

少なくともわたしはそういう立ち位置でありたい。



f:id:hmizi:20170716121717j:plain





 

新入園児

どこの保育園も同じだと思うが、我が保育園も、新入園児が朝からギャンギャン泣いている。

 

その中でも、ひときわ泣いて泣いて・・・泣きすぎて死んじゃうんじゃないかと思う小さな0歳児が昨日いた。

 

抱っこにおんぶに、揺らしたりあやしたり、抱っこ紐を駆使したりして、1時間の泣きと嗚咽の後、ようやくピタリと寝た。

 

きっとここがどこで、自分が誰かも分かっていないんだろうなぁ・・・。

 

一方、人見知りで、一日中ふえんふえんと泣いている1歳児の新入園児もいる。

 

ずっと一緒だったお母さんから離れて、知らない人たちに囲まれて、訳の分からない状況だよね。

 

それでも保育士はずっと抱っこやおんぶしながら、雑務もこなしながら1日を過ごす。

 

1〜2ヶ月もすれば、どんな子でも慣れてくるのを知っているから、みんな平気である。

 

今はみんなにとって頑張り時。

 

お母さんたちも、もちろん頑張り時。

 

色んな経験が子どもを育ててくれるのだから、お母さんたちも、我が子を預けることに引け目を感じずに、堂々と預けて欲しい。

 

みんなの保育園生活が楽しいものになりますように。

 

f:id:hmizi:20170716121534j:plain