保育園生活

無資格・未経験の主婦が一念発起して保育業界に飛び込んでみた話。保育や園児に関する考察と、子どもたちへの愛を綴ります。

子どもにとっての遊びとは?

子どもにとって欠かせないもの。


それは遊び。


放っておいてもすぐに子どもは何かを見つけて遊び出す。


保育者がわざわざ何かを提供しなくても、子どもは自分に合った遊びを次から次へと生み出していく。


子どもにとって遊びとは、生活することそのものだ。


遊ばない子どもなんていない。


大人も遊ぶけれど、子どもほど夢中になって遊び続けることはそうそうない。


それを見て思った。


子どもは、生きていくために、成長していくために、自分に必要な遊びを取り込んでいっているんじゃないかと。


自分の子どもを見ていても、既製のおもちゃよりも、どちらかと言うと、ただのプラスチックとか、ただのペットボトルとか、そこら辺に落ちている紙とか石とか、

「それおもちゃじゃないんですけど?」

というようなもので何分も集中して遊んでいたりする。


それはつまり、想像力が湧くからじゃないかと。


その想像する力(もしくは創造する力)は、脳の発達にきわめて必要なものだ。


子どもは遊びながら、きっと自分で自分を成長させていっているんではないかな。


既製のおもちゃがすぐ飽きてしまうのもそういうことだ。


ワンパターンで、なかなか想像力や創造力が育まれないから。


なんとない紙と鉛筆、粘土、積み木なんかは、そういう意味では本当に優れたおもちゃなのかも。


そう思うと、意味がないように見えても、子どもの遊びはできるだけ存分にさせてあげなくては、という気になる。


たとえ部屋中散らかろうとも、大人は子どもの邪魔をしてはいけないのである。


彼らは天才の種を撒き散らしているのかもしれないのだから・・・

(ちょっと大袈裟?)


何にせよ、先日、発達支援教室に見学に行った際にも、何をしているのかと思いきや、やっぱりここでも子どもを遊ばせることがメインだったので驚いた。


もっと特殊な教育でもしてるのかな、と思っていたから。


でもよくよく聞いてみると、

「療育とは遊び。本人が楽しくて仕方がないことをやること」

というようなことをおっしゃっていたので、まさに!と思った。


子どもにとって遊びとは、生きることそのものだ。


舐めちゃいけない。


池上彰さんだって、小さい頃は、とにかく外で遊び倒していたそうなのだから・・・


今の流れである早期教育というより以前に、子どもにはもっともっと、五感をフル回転できるような遊びをたくさん経験させてあげたいなと思う。



発達障害について思うこと

保育園で勤務していると、さまざまな発達障害児と言われている子と出くわす。

 

今日はもうそれに慣れてきてしまって、

「あの子のああいうところ、もしかしたらグレーかも」

とか、わたしの中途半端な知識でも子供を分類しだしていることに気づいて、

「いやいや、ちょっと待て~!」

と、自分にブレーキをかけた。

 

発達障害児というだけで、勝手にフィルターをかけ、その子とそれ以外の子を区別することに慣れてきてしまっている自分が恐ろしかった。

 

個性を大事に、その子に合った接し方を自然と見いだしていたはずなのに。

 

発達障害児と認識してしまうことで、余計な知識なんかが脳を支配して、

「こんな時はどう接すればいいのだろう?」

と頭で考えてからじゃないと行動できなくなってきている。

 

これって危険なことなんじゃないだろうか?

 

つまり、発達障害児というだけで、その子にフィルターがかかり、大事な何かを見失ってしまうのが恐いと思ったのだ。

 

大事な何かとは、敢えて言葉にするならば、その子の持つ長所とか、可愛さ、その子の放つ輝きなどと言い換えられるかもしれない。

 

保育園という空間に馴染むのはいいけれど、わたしは実は、保育業界にどっぷりと浸かりたくない。

 

思いっきり保育業界に染まっていない素人だからこそ、感じたり見えてくるような部分を大事にしたいと思っている。

 

つまり、

「結局のところ、それがどうなの?」

ということが言いたいのかもしれない。

 

発達障害発達障害と盛んに言われている昨今だが、発達障害といったからといって、すぐに線引きしたりすることをせずに、一緒に関わっていく生活をしたいのかもしれない。

 

インクルーシブとでも言うのだろうか。

 

そのために職員を多く配置しなくてはいけないことも分かっている。

 

でも、少子高齢化のこの時代なのだから、本来は、子どもに対してもっと手厚くできるはずなんじゃないかな。

 

子どもだけじゃなく、大人の障がいを抱えている人たちに対しても、もっともっと多様性を受け入れる、寛容性のある社会になって欲しい。

 

少なくともわたしはそうありたい。

 

 

新入園児

どこの保育園も同じだと思うが、我が保育園も、新入園児が朝からギャンギャン泣いている。

 

その中でも、ひときわ泣いて泣いて・・・泣きすぎて死んじゃうんじゃないかと思う小さな0歳児が昨日いた。

 

抱っこにおんぶに、揺らしたりあやしたり、抱っこ紐を駆使したりして、1時間の泣きと嗚咽の後、ようやくピタリと寝た。

 

きっとここがどこで、自分が誰かも分かっていないんだろうなぁ・・・。

 

一方、人見知りで、一日中ふえんふえんと泣いている1歳児の新入園児もいる。

 

ずっと一緒だったお母さんから離れて、知らない人たちに囲まれて、訳の分からない状況だよね。

 

それでも保育士はずっと抱っこやおんぶしながら、雑務もこなしながら1日を過ごす。

 

1〜2ヶ月もすれば、どんな子でも慣れてくるのを知っているから、みんな平気である。

 

今はみんなにとって頑張り時。

 

お母さんたちも、もちろん頑張り時。

 

色んな経験が子どもを育ててくれるのだから、お母さんたちも、我が子を預けることに引け目を感じずに、堂々と預けて欲しい。

 

みんなの保育園生活が楽しいものになりますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

女だらけの職場

年度末。

保育業界にとっても忙しい今の時期。

クラス替えや配置換え、新年度に向けた準備など、毎日色んなことが目白押し。

そんな時にトラブルは起こる。

みんなやっぱり不安で苛立っていたりするのもあるかもしれない。

単に時間がなくてイライラしてるのもあるかもしれない。

でも、女だらけのこの職場。

陰では正直、いいことばかりではない。(もちろんだけど)

誰かの悪口、喧嘩、いざこざは、毎日のように起こる。

女だらけの職場が久しぶりのわたしにとっては、ある意味新鮮だ。笑

自分もいつターゲットになるか分からないので(笑)、空気のあまり読めないかもしれないわたしは、結構注意している。

でも、注意したってどうしようもないことの部類ではあるが…。

こういう時、男性が多い職場は非常に楽だなぁ…、と振り返る。

何でもそこまで気にせず口に出せるし、女というだけで許されることが結構あった。(^^;

しかし、細心の気遣いを忘れてはならない。

これが、女性の職場である。
(少なくとも、わたしにとっては)

数少ない男性と、男性っぽい性格の女性の上司と話す時だけが、わたしの心安らぐ唯一の時間である。笑




余裕がない話

あるお母さんが、登園前に子どもを叩いたという話をしているのを聞いてしまった。


ぐずぐずして、ちっとも朝の支度をしなくて、イライラしてバンっとやってしまったと。


その気持ちは、すごく良く分かる。分かりすぎるけれども、それを普通は人に話さないような気がする。


でも、保育者にペラペラと話してしまうということは、お母さんは、相当精神が参っているのかもしれないと思った。


お母さんは笑いながら言っていたけど、保育者は、軽く受け止めずに、できる限りのサポートをしないといけないと思う。


今、子育て相談機関が増えたとは言え、わざわざ出向くようなことは稀で、よっぽどのことがない限り話をしに行くことはまずないと思う。お母さんたちは忙しいし…。


やっぱり、いつも顔を合わせている保育者が、一番言いやすいのではないかと思う。


だからこそ、保育者は色んなサインを見逃さないようにしなければならない。


家庭の問題の鍵を握っているのは、やっぱりお母さんだ。


お母さんが心の余裕がないことで、子どもに怒りのベクトルが向きがちになる。


いくら育てにくい子どもだって、どのお母さんも、本当は、せっかく産んだ我が子と、笑って過ごしたいはず。


だから、お母さんのサポートはとても大切。


お母さんが笑っていれば、きっと家族のみんなが笑顔になる。


お母さんは子どもと触れ合うことを中心にして、他のことはみんな周囲がサポートできるような世の中になればいいなぁと思う。


超極端なことを言えば、家事はお母さんがやるべきではないかもしれない。


昔のように、お手伝いさんがいるような暮らしだと、いいのかなぁ…なんて、ぼんやり思う。






自分の強み

わたしは、自分の強みが、初めて会った子でも、特に何をしなくてもあまり泣かれずに懐いてくれることだと思っている。


周りを見ていると、なんとなく、その部分は自分で認めてもいいのかなという気がする。


可愛い小さな子が近寄って来てくれるのは嬉しい。

膝の上に乗っかって来てくれるのも、本当に嬉しい。


これからは、そんな子たちがもっともっと楽しくなれるように、自分に技術が欲しいなと思う。


何か、自分が得意なことで、子どもを喜ばせることがしたい。


絵でもなく、読み聞かせでもなく、手遊びでもなく、、、


わたしにできることは何だろう…


やっぱり、ダンスを極めるか?!笑


模索中。





保育士試験合格!!

f:id:hmizi:20170114223156j:plainf:id:hmizi:20170114223222j:plain



今日、実技試験の結果通知が来て、なんと、合格していました…!!


言語がギリギリ合格だったので、本当に危なかった…。


でも、これで晴れて試験から解放されて、もう勉強しなくていいのが嬉しいです笑


今度から、保育士登録さえすれば、わたしも保育士と名乗れる!


夢にまで見たことで、とてもとても嬉しいです。


これからも、わたしなりの目線で、子どものことを伝えていきたい。


ずっと子どもに寄り添っていきたい。


向いているか向いていないか分からないけれど、今は、そんな気持ちです。


全国の合格された皆さん、おめでとうございます!


これからどんな景色が見れるのか、楽しみです。